月別アーカイブ: 2014年1月

頼りだった結婚相談所が…「なかなか交際に至らない」

アプローチした女性に良いお返事を頂くと、その事は自分の担当者に連絡が行きます。
お見合いの日程調整などは、お互いの都合を加味して担当者同士でやり取りします。
日程が決まると連絡が来て、相談所内にある個室ラウンジでお見合いとなります。

1ヶ月で2~3人のペースでお会いしたのですが、なかなか交際に繋がりませんでした。
私はいつも心をオープンにしていて、もう少しお話ししたいなと思える女性ばかりでした。
でも、女性の方からいつもお断りをされてしまっていました。

5人ほどとお見合いをしてから、担当者に悩みを聞いてもらうことにしました。
会話に粗相はないと個人的には思っていたのですが、なかなか交際に至る出会いに恵まれないことを嘆いていました。
担当者は言い難そうに、「正直すぎる告白が女性を遠ざけている可能性があります」と話してくれました。
それは私の貯金のことでした。

私の仕事は軌道に乗っており、年収は普通のサラリーマンよりもずっと上でした。
このことはプロフィールにも示しているので敢えて話していませんが、現時点で全く貯金がない事を毎回話していました。
サラリーマン時代に貯金したお金を叩いて起業をし、少々の借金も作ってしまった為に、貯金は全く手元にありません。
仕事が軌道に乗って来たので借金はゼロになりましたが、少し貯まったお金で婚活と称して結婚相談所に登録しました。
当然のことですが、少し貯まった貯金もゼロです。

私はバカ正直にこの事を毎回話しました。
年収だけで飛び付いているとは思えませんが、貯金が全くないというのも女性にとっては問題視するものだろうなと思えたからです。
でも、しっかりとフォローも入れておきました。
結婚さえ決まれば相談所を退会するし、あとはしっかりと貯金に回せるとも話しておきました。
それでも担当者は「現時点ではそこまでお話しする必要はないかと思いますよ」と仰ってくれました。

駆け引きではありませんが、最初の時点でお金のことを話されると女性は引いてしまうそうです。
もちろん、結婚においてお金は重要な部分ではありますが、そういう踏み込んだ話は深い仲になってからでも遅くはないということでした。
私は少しだけ女性との係わり方を変え、新たな気持ちで女性と会うことを決意しました。