お見合い大作戦「気軽な婚活サイトでの出会い」

呆然としていたのも束の間、結婚云々ではなくて恋人が欲しいと強く思うようになりました。
お見合いをしていく中で、男性と2人きりでお話をすることの新鮮さを強く感じたからです。
仕事での相手や友達と話すことはあっても、恋愛を意識した相手と緊張を感じながらお話することはありません。
全く別次元のものなので、「私はこういう時間を必要としていたのだ」ということは分かりました。

結婚相談所を退会して1ヶ月ほどはボーッと過ごしていましたが、せめて恋人探しをしようと思って婚活サイトに登録してみました。
単なる出会い系サイトよりも真面目な方が多いので、きっと誠実な恋人が作れるのではないかと期待したのです。

婚活サイトでの婚活は、結婚相談所よりもフランクな部分が多かったです。
メールをメインの活動とするので、ものすごく気が楽なところがありました。
お見合いよりも多くの方々と出会えるチャンスがあり、疑似恋愛体験も出来てそれなりに楽しめました。
お会いした方は数名でしたが、どの方とも平行してそれなりにデートを楽しみました。
でも、それだけで終わってしまうのです。
メールもデートも楽しめましたが、結婚を前提とするお付き合いのことを考えると心が動きませんでした。
気軽に会えることの弊害でしょうか?
一概には言えませんが、友達感覚で会えてしまうところが難点だと感じました。

お会いした方の1人に交際を申し込まれましたが、私の気持ちとしては「友達としては楽しいけれど、彼氏と考えると面白みに欠けるな」というところがありました。
彼の中では非常に盛り上がっており、その温度差も私の心を冷静にさせてしまったのかもしれません。
交際に関してはお断りをしたところ、「付き合う気もないのに、どうして何度も会ったんだよ」と逆ギレされました。
それを見極める為のデートだったように思うのですが、彼の中では確実に交際に発展すると勘違いしていたようです。

気軽に出会えることの辛さも味わい、私は「無理に婚活するよりも自然な出会いを待った方がいいのではないだろうか?」と考えるようになりました。
この頃は、少々精神的にも不安定だったように思います。
友達にも相談が出来なかったので、悩み過ぎて体重も6kgほど落ちてしまいました。