お見合い大作戦「行き詰って仲人に泣きつく」

結婚願望がないような状態で始めた婚活ですが、半年も活動をしているとそれなりに結婚に対して真面目に考えるようにはなっていました。
本当に結婚をしたいと思っているのか?
将来を一緒に歩みたい人はどういう人なのか?
あまり深く考えたことはなかったのに、私なりに客観視するような部分も出てきました。

あれこれ考えすぎて行き詰ってしまい、私は婚活の切欠となった結婚相談所の仲人に泣き付いてしまいました。
既に退会をしていましたが、メール相談で今の状況を綴って助けを求めてしまったのです。
会員でもない私の為に、「もう一度こちらに来てくれないかしら?」と優しい声を掛けてくださいました。

結婚相談所を退会してからも、自分なりに婚活をしてきた結果をお話ししました。
結婚へのビジョンや、どういう人と歩んでみたいのかという理想もお話しました。
仲人は「今ならいい人に出会える可能性があるわね。お金の掛かることだから無理強いはしないけど、あなたがもう一度私に人生を託してみたいと思うなら、いつでも待っているわよ!」と仰ってくださいました。

私は悩むこともなく、もう一度同じ結婚相談所に登録してみました。
仲人から紹介された方とお見合いをし、見事に交際に辿り着きました。
お互いの気持ちが繋がる時は、本当にいとも簡単に繋がるのだなと感じました。

ところが、結婚というのは一筋縄ではいかないものですね。
切欠がお見合いだったというだけであって、交際が進んでも結婚に辿り着くとは限らないのです。
何度かデートをしているうちに、彼の思いやりに欠ける部分が妙に目に付きました。
一度考え出したら、気持ちも一気に急降下です。
黙っていても自体は変わらないので、私は本気でぶつかっていきました。
でも、なんだかんだと持論を展開されてしまい、彼から直そうという気持ちは全く感じられませんでした。
こうなれば結婚云々ではなく、もうお付き合いするのも難しいなと感じ始めました。

1人で悩んでいても仕方がないので、私は仲人に相談をしました。
私にも欠点があることは分かっているし、相手の欠点だけを強調したいわけではありません。
譲り合いの精神は絶対に必要だと思っていて、相手が嫌だと思うことは直していかなければならないなという気持ちは常に持っていました。
少しだけ成長した私を見て、「合わない人といつまでも付き合っている必要はないよ。結婚を考えるなら、他の人に目を向けるのもいい。それで改めて元交際相手の良さを感じることもあると思うからね」と言われました。
1ヶ月ちょっとの交際でしたが、私は仲人を通してお断りをしてもらいました。