婚活はもう懲り懲り「合コンでの婚活は難しい」

28歳という年齢になり、年輩の方には「ご結婚は?」と聞かれる回数が増えました。
個人的にはまだ先でいいと思っていましたが、次に恋愛する相手とは結婚を視野に入れたお付き合いがいいかなと考えていました。

恋人を探す場と言えば合コンです。
女性だけの職場にいるので、積極的に合コンをしないと出会いの場はありませんでした。
交際相手がいない時は、必ずと言っていいほど週末に合コンの予定が入っていました。
年上の男性との合コンの時は、相手もなんとなく結婚を視野に入れている感じが伺えます。
でも、同年代だと女性とは感覚が違うのか、とりあえずは彼女が出来ればいいという感じがありました。

開催される合コンは、大体同年代や年下の男性との合コンです。
その時は「この人と付き合ったら楽しいだろうな」と盛り上がっているのですが、ふと冷静になった時に「結婚のイメージが湧かないな」と思うことがほとんどです。
婚活と言うほど真面目に活動はしていませんが、こんな調子で合コンに参加し続けていても、真剣交際とは程遠いかもしれないなと考えるようになりました。

同じような悩みを持っている同僚と飲みに行った時のことです。
年齢も同じで、「このままだと本当に結婚難民になるかもね」という悲しい話をしていました。
28歳になってからは周りからの風当たりも強く、実家近くのお節介おばさんにはお見合いの話を持って来られてまいっているという話をしていました。

お酒もだいぶ入ってきた頃、「こんなことで悩んでいても解決はしないよね?一度婚活をしてみようではないか」と婚活宣言をさせられました。
何も行動していないのに真剣交際の相手が出来ないと嘆いていても、確かに事態は変わっていきません。
その日は盛り上がってお開きになってしまいましたが、後日改めてネットで婚活について真剣に調べてみました。

合コン好きな私たちには、婚活パーティのようなものが合ってるかもしれないなと思いました。
婚活パーティの体験談をいくつか読んでみたら、なかなか楽しそうな雰囲気で「参加してみたい」という気持ちにさせられました。
無駄に合コンを続けるよりも実になると思い、2人で婚活パーティの申し込みをしてしまいました。