危険なネット婚活「婚活サイト外での交流」

「そろそろアドレスの交換を申し出てみようかな?」と思っていた矢先のことでした。
私のFacebookに友達申請がありました。
今思うと軽率だったなと分かりますが、私たちはフルネームでの自己紹介をしていました。
なんとCさんが漸く私を探し当てたとのことで、友達申請をしてきたのです。
アドレスの交換をしようと考えていたところだし、許可してもいいかなと軽い気持ちで繋がりました。
これでサイト内メールをする必要もなくなりますからね。

ところが、ここからが私にとっての地獄でもありました。
Facebookでは会社や学生時代の友達とも繋がっています。
それほど重要なことを書くことはほとんどありませんでしたが、友達の書き込みにコメントなどをするとCさんも絡んでくるようになりました。
仕事の合間やふとスマホを触っている時にコメントをするので、時間は本当にバラバラでした。
私のコメントを見付けると「仕事は休憩中ですか?」「彼とはどういう関係ですか?」といちいち干渉されるようになりました。
言葉遣いは相変わらず敬語でしたが、1日中監視されているようで少しだけ窮屈さを感じるようになりました。

Facebookでの繋がりは、普段はあまりメールや電話でやり取りを行わない友達との大事な交流の場です。
友達には迷惑が掛かっていないものの、少し放っておいてもらいたかったというのが本音でした。
婚活については話していない友達もいたので、余計にストレスを感じました。

私は相変わらず婚活サイト内のメールでやり取りをしているBさんに相談をしました。
Cさんともっと深くかかわり合いたいと思っている一方で、私のプライベートに踏み込まれ過ぎるのは快く感じられないということを話しました。
Bさんは冷静に「それは俺に愚痴っても何も解決しないよ。もし交際を発展させる気持ちがあるなら、Cさんに直接伝えないと」とアドバイスをしてくれました。
仰る通りで、Bさんに愚痴っても何も解決はしません。
だから、ハッキリと「Facebookでの交流はやめませんか?」と伝えました。
その代わり、アドレスを交換して今まで以上にコンスタントに連絡を取るようにしたいという言葉を添えました。

Cさんは私のストレスを理解してくれたようで、自らメールアドレスを教えてくれました。
今までのこともしっかり謝ってくださったので、とりあえずはまたスタートラインに立ちました。