危険なネット婚活「ネットストーカーが怖くて婚活断念」

メールでのやり取りが始まって数日が経ち、「やっぱりCさんとのやり取りは心地いい」と感じ始めていました。
Facebookの件では少し気持ちが病んだ部分もありましたが、一度はお会いしてみたいなという気持ちが復活してきました。
Cさんの中でもだいぶ私への気持ちが固まってきているのではないかなと感じていたので、余計に私の熱も帯びていったのだと思います。

私はハンドルネームを使用して他愛もない事を書いているブログを持っていました。
Facebookとは連携させていなかったし、親友2人にしか教えていなかったブログで、他にやり取りしているのは完全にネットだけで繋がっているブロ友さんだけでした。
ハンドルネームと本名の関連性もないし、絶対にCさんには分からないだろうと思っていました。
でも、職業柄ネットに詳しいCさんは、どういう訳だか私を見付けました。

メールでブログの話をしてくれれば問題なかったのですが、コッソリ読んでいたようです。
そして、正体を明かさずにご丁寧にコメントまで入れていました。
それも女性読者としてコメントを残すようになっていたので、全く気付きもしませんでした。

おかしいと思ったのは、コメントに粗があったからです。
私がブログに書いていないネット婚活のことに触れたり、なかなか恋愛が成就しないことへのアドバイスを求めて来たり、記事とは関係のない事を書き込むことが多々あって「おかしいな」という気持ちになっていました。
Cさんとメールをしている時にコメントとリンクする部分があって、しばらく様子を見ていました。
気にすれば気にするほどリンクしていたので、思い切って「私のブログにコメントをしているのはCさんですか?」と聞いてしまいました。

Cさんは私の親友のFacebookにリンクされていた記事が気になって読み始め、なんとなく私の書いたものだと悟ったそうです。
それからこっそりと読むようになり、女性と偽ってコメントをしてきていました。
ハッキリ言ってネットストーカーです。
ものすごく紳士だと思っていたのに、非常にガッカリしました。
私に見る目がなかったことにもガッカリです。

私はさっさとアドレスを変えて、ブログも他に移行しました。
婚活サイトでお世話になっていたBさんにだけは「良かったらFacebookで交流しよう」と伝えてサイトを退会しました。
Cさんの件がなかったら、私は今でも婚活をしていたと思います。
でも、少々疲れてしまったので、自然に出会いがあることを願って元の生活に戻りました。